インプラントとは

今までの歯科治療では、たとえば1本の歯を失った時、その両側の歯が健康でもそれを削って、ブリッジ(橋)のように人工の歯をかぶせる、いわゆるブリッジと呼ばれる治療法や、取り外し式の部分入れ歯等が用いられてきました。

しかし、これらの治療法には、咬み合せの不具合や、削られた歯は耐久力が落ちる等、多くの問題がありました。

20年ほど前から日本でも導入されるようになったインプラント治療、この治療法は「人工歯根療法」とも呼ばれ、顎骨内へ失ってしまった歯根の代わりにチタン製の土台を埋め込み、その上に人工の歯を固定させるという方法です。


インプラントの特徴

  • 歯の抜けた部分に隣接する歯を削る必要がない。
  • 他の歯に負担をかけることがない。
  • 骨にしっかりと土台を埋め込むため、安定がよく、咬み心地は天然の歯と同じ。
  • 外見上の不自然さがない。
  • 自分の歯と同じように歯磨きするだけなので手入れが簡単。
  • 保険適用外のため治療費が高い。
  • 手術を行わなければならない。
  • インプラントと骨との結合を待つため治療期間がかかる。

ブリッジ/入れ歯の特徴

  • 保険適用のため、安価。
  • 治療期間が短くてすむ。
  • (ブリッジ)隣接する歯が健康でも必要な本数を削らなければならず、削られた歯は負担がかかるので寿命が短くなる。
  • (入れ歯)歯グキの上に乗せた板で咬む方法なので、舌のスペースは狭くなり、咬む力は以前の半分以下になる。
  • (入れ歯)固定用の針金が見えて審美的に悪い、
  • (入れ歯)針金をかけた歯は早期に弱っていく。
  • (両方)清掃が難しいので、虫歯になりやすく、口臭の原因にもなりやすい。
  • (両方)歯根を失ったままだから、その場所の骨はやせ続ける。

インプラントは、歯根が失われたままの状態で治療を行うブリッジや入れ歯と違い、人工的に歯根が復活します。 失った歯が1本だけの場合だけでなく、数本失ってしまった場合や、まったく歯がない場合など、幅広いケースに対して健康な歯列だった頃の状態を再現できます。

そして、何よりも気分的な若さを取り戻せます(維持できます)。


▲ページの先頭へ


次のページ

クリーン対策
インプラント 患者さんの声
Implant
For patients!
Information