皆さんご自分で“10年保証”を終わらせてしまう

半年点検の不履行、他の歯の喪失を放置、体に新たな発病

・・・ふつうは保証が終了します。

当院の費用は、パーフェクト保証込み!

  • ●インプラント治療の5年保証や10年保証、
    歯科医院のホームページでは一般的になってきましたが、
    実際はかなりの方が、途中で保証終了となっているようです。
    (保証終了=修理や再治療が必要な場合は有料)
  • ●まず最も多いのが、治療後年数が経つと安心されてしまうのか、
    インプラントメーカーが指定する年2回の点検がつづかなくて、保証終了です。
    (参考:車の場合、車検は2年ですが10年の保証などしてくれませんし、車検切れで使用すると罰金です)
  • ●次に多いのが、残っているご自分の歯が弱く(動揺の進行など)なったり抜歯になったのに、その治療をする時間(or費用)がない場合です。
    インプラント部にその分の無理な力が確実に加わるので、歯科医院でもメーカーでも同じ保証とはいきません。

  • ★これらの結末を、ほとんどの歯科医院はすでに分かっています。
    当院は、喜んでもらえない結末は意味がないので、患者さんにとっての条件をゆるくするために『保証会社利用の10年保証』を採用しました。
    すべてのインプラントに、追加費用なしで1本あたり約2万円の掛金をかけ、患者さんに安心を提供したいと考えています。

  • ★また県外への転居やお体の都合など、患者さんが転院したい場合も保証を継続させるには、第3者の機関が保証する方法しかないのです。

  • ★インプラントの保証会社は現在のところ日本に1社のみ、(株)ガイドデント〈日本メディカルネットコミュニケーションズ(株)(東証マザーズ上場、東証一部上場エムスリーグループ)の100%子会社〉。
    親会社が倒産した場合の保証まで、フランスの再保証会社(米国S&P社のAA取得=世界最高位の格付け)がバックアップ。

10年保証の比較 一般的な医院保証 保証会社利用
定期点検のペース 年2回
前回から半年間点検がないと保証終了
3年間は年2回
4年目から年1回でOK!
万一の場合の
再治療時
5年間無料。
(ブローネマルクは10年無料)
6年目から1本につき
インプラント体oo%
上部歯冠oo%の、
自己負担あり。
(あるいは上部歯冠保証は終了)
3年間は医院保証。
4年目から1本につき
インプラント体20万円
上部歯冠10万円、までの
費用が、保証会社から支払われる。
保証書 口頭だけの約束の場合多い 発行される
保証の基準 医院によって差がある 公平性・透明性あり
故意でない偶発事故 保証される場合は珍しい 保証される
喫煙者 保証の対象外 保証OK
糖尿病の悪化や
新たな病気 
1年に1回は血液検査結果をチェック。場合によって万一の場合の金額を変更 保証継続
残っている歯が弱くなったのに治療しない場合 保証は終了 保証継続
歯科医指示のケア法を行えない場合 保証は終了 保証継続
隣接が将来インプラントになって、ブリッジ再設計が良い場合 上部歯冠の全部あるいは
一部が使えなくなり、上部歯冠費用が二重払いになる
1歯10万円まで保証される
県外へ転居で来院できない 医院の紹介は可能、
保証は終了
点検の歯科医院は自由
再治療は、保証会社認定の医院
(全国500医院以上、富山県4医院)
転院したい 保証は終了

▲ページの先頭へ


前のページ

次のページ

クリーン対策
インプラント 患者さんの声
Implant
For patients!
Information