矯正

現在の矯正治療の実状、当院の特長をまとめました。


  • 当院の 治療例こちら

矯正治療に関するお問い合せのほとんどが、

①抜歯しないで出来るか?
②矯正は治療しても将来また悪くなると聞くが止める方法はあるのか?

の2点です。

  • ●治療後の悪化パターンとその理由はこちら

同じ理由なのですが、他院での治療後のご相談は、ほとんどが下の2パターンです。

(富山市矯正専門医院にて)治療終了後、半年ぐらいでぜんぜん咬まなくなってきたそうです。
終了前は上下の歯にかけるゴムを必死で頑張ったそうですから、終了時は咬んでいたのでしょう。

(高岡市矯正専門医院にて)5年以上治療しているのに、いつまでも治らないそうです。
上下のゴムもかけているが、咬み合ってこないとのことです。

当院の非抜歯治療

当院は、その歯並びになった条件の改善と共に治療を行うので、アゴ位置が頭蓋骨に対して前後左右適正位置に戻り、上の歯と下の歯の間に歯並びをひろげていく余裕ができ、下の写真のように抜歯する必要がなくなります。

非抜歯(親知らず以外は抜歯しない)治療が基本です。

通常の矯正歯科では、アゴの位置はそのままだから抜歯しないと並ばないわけです。


治療前
(クリックで拡大します)






左奥へのアゴ改善途中
(クリックで拡大します)



治療前
(クリックで拡大します)






左奥へのアゴ改善途中
(クリックで拡大します)



装置は歯槽骨肉の血流をさまたげる従来の方法は使いません

従来の方法-アクティブ結紮
デーモンシステム-パッシーブ結紮

引用元:矯正歯科デーモンシステム    



通常の治療後はどうなっているか?


治療後の状態がだんだん悪くなってきたら、歯科医院ではあなたの保定装置(治療後一年位はめておくプラスチックプレート)の使用が悪かったからと言います。それは間違いです。


現在の歯科治療は口の中しか診ません。矯正の場合も、顔の骨全体に対するアゴの位置や、上アゴの骨形態は正常であるという前提で、治療が行われています
どのHPも本も、顔の真ん中と前歯の真ん中の位置関係は撮っていませんが、終了時に顔に対して右ズレしている治療例がかなりあります。
矯正装置のパンフレット(上の顔写真)でさえ上の真ん中が鼻に対して右ズレしています。
そして治療後も、毎年さらに右側に向かって変化していく場合が多いです。

このお2人も、以前に4本抜歯して矯正治療を受けています。最近は右側の歯槽膿漏が年々進行しています。(レントゲンで右側の骨量減少はこのタイプ→こちら

▲ページの先頭へ


歯並びが悪くなった理由が残っている

アゴが小さい、もって生まれた条件、などと一般的に思われていますが、治療前の歯並びは、上アゴ(頭蓋骨 の一部)と下アゴの位置条件、舌や唇などの周囲軟組織の条件(特に就寝中の呼吸や嚥下の状況)に 合わせて、そのアゴとアゴの間に出来得る範囲で萠えてきた状態なのです。→ こちら

現在の矯正治療は、条件はそのままで歯を並べるだけですから、治療後はその条件(アゴの右傾向―「右に向かって悪くなる」をご覧下さい)に合せて何らかの変化を必ず示していきます。
これを、歯が元の位置に戻りたがるとという〝後戻り〟という言葉で片付けられています

アゴ筋肉を司る頸椎のレントゲンで、人体共通の特徴(どこかで右への対応)が強ければ、どんな矯正治療をしても咬み合せが悪くなっていく度合いは強いです。

▲ページの先頭へ


抜歯すると、鼻・皮膚・歯肉が弱くなる

また、歯の数を減らして治療すると、舌のスペースを狭めるので、治療後再び前歯の上下が離れていったり、舌の奥の器官をいままでよりイジめるようにもなったり(週刊朝日の記事は→こちら)、下図の説明にある、抵抗力のための白血球を造る場所が負担を受けるようになったりして、耳鼻科や皮膚科関連の問題をかかえてしまった方を多数見かけます。

体の抵抗力を司る白血球は扁桃リンパ①~④で造られる。頸椎が前ズレしていると鼻呼吸が減り、酸素が不足して白血球産生が悪くなる。

頸椎が軌道を狭めていて、舌骨も右肩甲骨に引っ張られ傾いているので、ゴックンの時舌は上に上がれず前方へ向かい、開いた咬み合せになる。

▲ページの先頭へ


クリーン対策
インプラント 患者さんの声
Implant
For patients!
Information