詳しく知りたい方ページ

3. ムシ歯・歯周病のできる場所も

(このページの写真はすべてクリックすると拡大します。)

まず、3人の方の写真をご覧ください。
左側の女性は右前歯 3 本、中央の女性は右前歯1本、右側の女性は右前歯 2 本を、虫歯による治療の結果、冠せる治療を受けています。


歯科医院では治療後悪くならないように歯磨き指導を徹底して行っていますが、右側寄りの前歯だけが歯磨きの手抜かりがあって、他の奥歯などの歯磨きは上手かったのでしょうか?そんな事はあり得ないのです。(歯磨きは奥歯ほどむずかしい)。
→正解は、このページの最後にあります。

次のお 2 人の口の中の写真を説明文とともにご覧下さい。

( A )

虫歯も歯周病もアゴ運動で左右にゆすられる歯におきる。糸切歯のスリ減りの形・大きさが右へのアゴ運動の強さを示している。虫歯や歯グキの歯肉炎になっていない歯は歯磨きが上手いわけではない。

( B )

この方も同じ。アゴの右ズレ(前歯の真ん中・糸切歯・奥歯の咬み合い差)、に加えてアゴ運動も右へ強く(糸切歯のスリ減り)、アゴ運動で歯並びが押された上下前歯には、歯と歯の間に虫歯、右奥歯は高さを攻められて歯周病(歯の動揺・歯肉の腫れ)。


つまり、歯を支える骨や歯肉が“しまり”をくずされ歯ブラシの届かない深さまで細菌が侵入して、歯と歯の間の虫歯や歯周病になったのです。

( C )

歯を削った模型が判りやすい。上の歯の奥歯の方でアゴの力(下の歯)を受け止めている(奥歯で受け止めてこそ、上の歯並びのワクと下の歯並びのワクが合っていると言える ) 。

( D )

上の歯の右前歯の方でアゴの力を受け止めている。左の奥歯は右前歯ほどは咬めていない(下の歯並びのワクが右前へズレている、通常は歯があるからごまかされる)。上の骨も右前へ向かって変形力を受けていく。


そして通常の歯科治療後の経緯には 2 つのパターンがあることを、次のお2人の写真で説明します。(ふだんは唇がおりて歯の一部しか見えないので判らないのです)

( E )

冠せる歯を通常に咬ませる。同部はその後もアゴに高さを攻められていくので、冠せた歯の歯肉が悪くなってくる(相手の歯も歯グキ近くの歯質がこわれてきていき、虫歯になっている)。下の前歯の頭や上の前歯のウラ側の面には、必ずスリ減り面ができている。
こちらを参照)

( F )

歯科医も咬み合せが強めだと感じてはいるので、咬み合せをゆるめに冠せる。左奥の咬み合いがゆるいアゴ状態は変わっていないので、アゴの左右運動時に今回の治療場所の近くの歯が今度はゆすられ、歯と歯の間の虫歯など悪くなる(冠せた歯の歯肉も悪くなり始めている)。やはりアゴ運動の右への強さを示すスリ減りがある。


上の歯と下の歯の真ん中が合っている方も、顔の中で骨ごと右へ向います。野球肘などの一方向への力継続に骨が合せていく変形は、体だけではありません。
( G )→( H ) の変化が 3 年間で起きています。

( G )

通常、歯科医院では鼻などを入れないで撮影する。それでは、歯の中央より鼻の中央が右にあること、上前歯の傾きは右に向っていること、など関係なく、カメラを歯の角度に合せてしまう。

( H )

上顎の骨は右に向って変形させられ、右前歯は右側前方へ移動させられてきたのがわかる。下前歯も骨が落ち、右下奥歯は3年間で 5 回腫れ、歯周病がかなり進行した。


( I )

のど奥の壁をみると、土台ごと右に向って変形してきたのがわかる。
また実験ページ(左を意識して咬んでも一回呼吸したら右を咬む)のように、気道はかなり右寄りに位置している。

( J )

気道は頸椎の前にある。眼に対して鼻骨も上前歯も右に向かっていること、また( G )の理由もわかる。眼や眉に対して咬み合せや頸椎を診る必要があることを左右の顎関節からの距離が示している。
(頸椎の改善は → こちら )


( D ) のようにすきっ歯になるくらい変化した右上前歯がインプラントなら大丈夫なのでしょうか以前に矯正治療をした方だったらこれは起きないのでしょうか

 

さて、ページトップの 3 人の女性の方に戻ります。 冠せている右前歯は、 ( G )→ ( H )の方で変化力を受けた場所です。 つまり、上顎の骨がタイプ( 2 )(こちらを参照下さい)の変形力をアゴから受けつづけ、( A )の説明文のように虫歯となり、冠せたのです。
(顔をクリック拡大して、目・眉に対して前歯の中央を見て下さい。 ( H )と同じです。)
また ( B )・( E ) の上顎の骨は、タイプ( 1 )(こちらを参照下さい)の変形力を受けていますが、タイプ( 1 )( 2 )共に( D )の模型のように右側の前方寄りでアゴ(下顎)を受け止めてきた結果です(だから、下の前歯の頭がスリ減った方、舌に歯型のあとが付いている方が増えています)。

 

通常の治療後は、あいかわらず右が強めに咬んでいるので、まだ右側へバランスしたい気道状態です。
つまり今後は隣の歯などが負担していく問題が残っているのですが、今回の歯はよくなったので良好な状態と思ってしまうわけです。

そして( F )のように、次の歯科通院が半年後なのか、翌年なのか、 5 年後なのかは、患者さんの骨の強さ・右側への咬み合い具合によりますが、次の歯科治療の場所はすでに決定されています。

 

⇒再治療時には歯磨きを言われたり、前から弱かったからと言われたり、が現実の歯科医院の実体です。
現在の歯科治療では、歯だけしか診ないので、“なぜその歯が悪くなったのか”が勘違いされています。

▲ページの先頭へ



前のページ

次のページ

クリーン対策
インプラント 患者さんの声
Implant
For patients!
Information